配偶者居住権ってなに?

checkコラム

2020年4月1日以降開始の相続等に適用される配偶者居住権はご存じですか?
今までは配偶者が亡くなって、相続によって住んでいた家に住めなくなり生活ができなくなる恐れがありました。
配偶者を守るために配偶者居住権が創設されました。

配偶者居住権とは

配偶者居住権とは、被相続人の生前から一緒に暮らしていた配偶者(妻や夫)が、被相続人の死後も住んでいた家で賃料の負担なく安心して暮らすための権利のことをいいます。

所有者が亡くなっても配偶者(妻や夫)が自宅に住み続けるには、自分が家を相続するか、新所有者の同意を得て住むかのどちらかになります。しかし、いずれも配偶者のその後の生活ができなくなる恐れがあったのです。「自宅の所有権とは区別し、配偶者自身の住む権利を守ろう」という趣旨で配偶者居住権の制度が創設されました。

配偶者居住権については、必ず行使しないといけないわけではありません。
家を追い出されることがなかったり、自宅に長く住む気がないのなら配偶者居住権は必要ありません。

配偶者居住権は「配偶者居住権」と「配偶者短期居住権」があります

1、配偶者短期居住権

配偶者短期居住権は、遺産分割が終了するまでの期間について配偶者の居住を保護する目的の権利です。
相続開始とともに発生し、①遺産分割により居住建物の取得者が確定した日②相続開始から6か月を経過する日、①か②のどちらか遅い日までの間、配偶者はそのまま無償で自宅に住むことができます。

①、②以外で、遺贈などにより配偶者以外の第三者が居住建物の所有権を取得した場合や、配偶者が相続放棄をした場合などには、居住建物の所有権を取得した者は、いつでも配偶者に対し配偶者短期居住権の消滅を申し入れすることができ、配偶者は、その申し入れを受けた日から6か月を経過する日まで間、無償でその建物を使用することができます。

2、配偶者居住権

配偶者居住権は、被相続人の死亡時に被相続人の財産であった建物に居住していた配偶者は、居住建物を終身または一定期間、無償で使用や収益に使えます。

習得する条件は、遺産分割において、配偶者が配偶者居住権を取得したときと配偶者に配偶者居住権が遺贈されたときです。

配偶者居住権や配偶者短期居住権の行使については、法律の専門家に相談することをおすすめします。
相続については、法律にのっとって行いますので、自分自身の権利を守るためにも専門家に相談して備えておくことが大事です。