発達障がいのお子さんの勉強のサポートできる学習教材を紹介します

surara学習

お子さんの勉強でこのようなお悩みありませんか?

  • 過去の苦手単元をそのままにしていることで成績も上がらず先に進めない
  • 短い時間でもじっとして座っていることができない
  • 特別支援学級に通っているが十分な内容をこなせていない
  • 不登校でほとんど勉強ができていない
  • 読み書き、計算が苦手。つきっきりで見続けるのが大変
  • E-learning学習を試したが、学年単位の学習か、契約日以降の範囲しか勉強できないのでさかのぼって苦手単元を学習したい

このような学習のお悩みは「すらら」がサポートできます。
「すらら」で学習するとどうなるのか紹介をします。

「すらら」を運営している株式会社すららネットとは?

「すらら」を運営している会社は株式会社すららネットです。
対話型アニメーション教材で学習を進めていく方法で教育している会社です。

株式会社すららネットは、すらら関連商品の研究・企画・開発と販売、すららを活用した学校・学習塾向けのコンサルティングを行っている会社です。
すららは2005年に研究がスタートし、英語・国語・数学の各分野における著名講師やeラーニング研究で技術を持つ大学教授などのプロジェクトにより開発を行っている、ゲーミフィケーションを応用した「対話型アニメーション教材」です。
従来の映像授業型eラーニングや問題集型eラーニングとは一線を画す商品として全国で急速に採用され、2012年にはeラーニングアワードフォーラムにて、教育部門最高峰の「日本e-Learning大賞 文部科学大臣賞」を受賞しました。

参照 すらら 会社情報 https://surala.jp/company/

「すらら」とは?

すららは、全国650校の学習塾と120校の私立学校が導入し、延べ11万人以上の生徒が利用しているオンライン学習教材です。
難関校へ多数の合格実績を誇る九州最大手の進学塾・英進館や、関西の名門・近畿大学付属中学校でも導入されています。
レベルの高い学習塾や上位校で導入されている理由は、授業で難しい問題を進めていくうえでも「基礎学力」が何より大切になるからです。
入試向けの応用的な内容に取り組む前に、すららで基礎学力を定着させているのです。我が社の理念として“世界中の教育格差を根絶したい”というものがあり、インドネシア、インド、リランカなど、他国へも拡大しています。

参照 すらら すららとは?

すららは基礎学力を大事にしているからこそ信頼されているんですね。
さらに世界まで広がっているのに驚きです。

発達障がいのお子さんには専用の学習対策が必要です

「成績が上がらない」と「学習が続けられない」の悩みにみられる2つの特性があります。

①お子さんの特性

  • 気分にムラがある
  • ミスを何度も繰り返す
  • 文章の理解力が弱い
  • じっと話が聞けない
  • 集中力が続かない
  • 集団行動が苦手である

②学習方法や教材の特性

  • 学校の勉強に出遅れ、時間も学習量も足りない
  • 塾に通っても成果が出ない、行きたがらない
  • 通信教材が未開封で山積みになっている

「お子さんの特性」×「学習方法や教材の特性」

「性格」と「環境」の相性がよくない場合がほとんどです。

すららの「無学年方式」を採用すると解決します

学年にとらわれない無学年方式
勉強につまづいているので塾に入れたいときに、問題になるのがその学年のクラスにしか入れないことです。
学校の授業が分からないのならそれ以前がごっそり抜けている可能性があります。
これを解消するためにすららでは「無学年方式」を採用しています。
一人一人の必要な学習内容を何年もさかのぼって見つけ出す。
また、理解が進んでいるところは先取りして学習できます。

すららなら学習の悩みを解決できるサポートがある

すららなら人に教わらず、1人で自分のペースで勉強できる仕組みに加えて、内申点も気にかけながら学校授業に追いつくことができます。

すららには3つの仕組みがあります

ワーキングメモリを支える多感覚学習

中央実行系(制御) 言語性短期記憶 音韻ループ 非言語性短期記憶 視空間スケッチパッド エピソード・バッファ 長期記憶 参考)Baddeley(2000)

脳科学の研究では、記憶を保持する力には言語を手掛かりに保持する力(音韻ループ)と視覚を手掛かりに保持する力(視空間スケッチパッド)があることがわかっています。

この音韻ループと視空間スケッチパッドの両方の力を使うことでワーキングメモリを支えることができます。

「文字」「イラスト」「音声」を結び付けて学びます。

イラストや文字から「視覚情報」
キャラクターから「音声情報」
この両方から刺激があるので多感覚学習ができます。

学んだことを忘れないうちに問題を解いて、理解を定着します。

すららは集中力を補う対話形式で勉強ができる

いろんな感覚を使った飽きない学習システム

対話形式の中に「見る、聞く、書く、読む、話す」といった感覚を使ってゲーム感覚で勉強するため、記憶に残りやすく、時間を忘れて1人でも楽しく集中して勉強ができます。

保護者を支えるサポーターの「すららコーチ」

お子さん一人一人によって特性・特徴はさまざまです。
すららでは、お子さまの特性を聞き配慮があります。

一人一人のお子さんの特性を理解した上で学習計画をしますので、無理なく学習を続けることができます。

すららの学習の仕組みのまとめ


すららの学習は、多感覚学習を対話型形式で「見る、聞く、書く、読む、話す」の感覚を刺激して、飽きずに集中して勉強できる仕組みです。
また、無学年方式なので、わからないままほったらかすことがないので、着実に理解して定着して問題を解けるので安心です。

料金について

すららの受講料金は国・数・英の3教科が学び放題

入会金:10,000円(新規入会時に必要です)
月額料金:小中コース:8,000円
     中高コース:8,000円
料金は税抜きです。
詳しい料金についてはすららのWebサイトでご確認ください。

「すらら」の口コミ

すらら通信学習の評判・口コミ

料金
家庭に先生がいるみたいで、間違ったら色々問題をだしてくれて、妥当な金額と思う。

教材・講師の解説
進研ゼミのチャレンジタッチを長年していましたが、成績が上がらず塾も考えていた時に、すららの事を知りました。
すららは本人も苦手が克服できて、楽しんでやってます。習ってないところも自分で出来るようになってるみたいです。

学習の効果
すららを始め半年ですが、3学期入ってから苦手だった算数で100点や90点代をとるようになりました。
国語も1学期から成績が下がってたのが、こちらも100点や90点を取れるようになりました。
英語はすでに英検準2級合格してるので中学生で復習に使ってます。

サポート体制
先生から応援メッセージなどができてよろこんでます。
ただ、わからない問題でどう質問していいかわからない時があります。
良いところや要望間違ったところがそのままでなく、少し問題を変えて分かるまで問題がとけて出来るようになるところは凄くいいと思います

料金
他社と比べるとすこし高いとおもいますがテキストとうはよかったとおもいます。もう少しやすければ非常によかったと思います

教材・講師の解説
なにごとにも努力がひつようだと思うがやることにより、理解力ができると思いやりました 学習の効果まいつきのテキストは非常によかったと思います、しかし、難易度は少し、たかめだったとおもいます。

サポート体制
電話じたいはあまりなかったですがダイレクトメールとうはけっこうあったと思いますわからないときのみ電話しました

良いところや要望
じぶんのつごうのよい日時にでき、サポートもよかったと思います。料金がもう少しよければとくによかったと思います。 その他自分てきには、まんぞくはしてましたが周りからみるともう少し、内容のつまった方がよいという人たちもおりました。

料金
正直安い訳ではないのだが、費用対効果で考えると非常に満足のいく内容なので、少々高くても支払っていいという気持ちになった。

教材・講師の解説
子どもにあった内容で、説明もすごく分かりやすかった。
今後も利用したいし、人にも勧めたいと思った。
学習の効果時間にかなり融通がきくので、空き時間等が利用して学ぶことができるのが良かった。
もちろん、中身も充実していた。 サポート体制アフターフォローがしっかりされていた。
分かりやすく、使いやすい内容だったのでとても良かった。

良いところや要望
自分のペースでやれるところ。あとは、せきにんかんがみにつくところ。 その他たしょうはこうこくとうもまじっている。しかし、それを差し引いてもないようがよい。

参照 塾ナビ https://www.jyukunavi.jp/detail/55652.html

口コミを見ていると、料金はやや高いが効果があるので仕方ないという印象です。
何よりわかりやすいが大事なので、すららは検討しても良いのではないでしょうか。

まとめ

「すらら」の学習は視覚と聴覚に働きかける教材だと感じました。
お子さんの個性に合わせて学習を進めてもらえるのもありがたいですよね。
対話型の学習と無学年方式でお子さんの成長に合わせ、さらに促すこともできます。
発達障がいのお子さんもそうでないお子さんも同じです。
勉強のやり方のコツさえ分かれば、成績は上がります。
この「すらら」を参考にしてもらえれば幸いです。

【すらら】

問い合わせや資料の請求は【すらら】でアクセスできます。