2020-08

心理学

遊びで心を癒す心理療法「遊戯療法」とは

心理療法を受けるのは、大人だけではありません。子どもが気持ちを表現できる遊戯療法について紹介します。 遊戯療法の本質 遊びは自己治癒の作用をもっています。遊戯療法は、基本的にカウンセリングと同様に約束された時間と空間の枠におい...
心理学

語りが大事な心理療法「ナラティヴセラピー」とは

「語り」で治療する心理療法があります。ナラティヴセラピーと呼ばれ、心理療法のなかでも新しいものです。ナラティヴセラピーがどういうものか紹介します。 相手の「語り」を理解すること 私たちは、日常で誰かと話しているとき相手も自分と...
心理学

母親や父親の思い出を振り返る心理療法「内観療法」とは

精神分析と共通しているところがある内観療法というものがあります。母親や父親との関係がかかわってきます。内観療法について紹介します。 自分の内を観ること 古来より、人は神や仏など超越的な存在を前に静かに自分の内を観るということを...
心理学

自分を取り戻す心理療法「森田療法」とは

心理療法といえば、海外のものが多いイメージですが、日本独自の心理療法があります。それが、森田療法です。森田療法について紹介します。 森田療法の始まりについて 森田療法は、森田正馬まさたけが、20年間にわたる臨床経験をもとに神経...
心理学

「いま、ここ」を生きている「ゲシュタルト療法」とは

ゲシュタルト療法は「いま、ここ」での体験を扱います。なんだかふわっとした感じがしますが、自分自身について気づき、統合するゲシュタルト療法について紹介します。 ゲシュタルト療法について ゲシュタルト療法は、フィリッツ・パールズ(...
心理学

固定観念を打破する「論理療法」とは

心理療法のひとつに論理療法があります。論理療法は、思考に着目する心理療法で、認知療法や認知行動療法の基本の理論にもなっています。論理というと難しいイメージがあるかもしれません。論理療法について、できるだけわかりやすく紹介します。 論...
心理学

子どもの問題ではなく家族の問題として扱う「家族療法」とは

子どものことで親が「子どもの問題」を相談することは、よくあることだと思います。では、本当に「子どもの問題」だけをとらえたらいいのでしょうか?子どもだけでなく親も含めた「家族療法」について紹介します。 問題はどこにあるのか 子ど...
心理学

悪い習慣を良い習慣にする認知行動療法とは

行動が習慣化していることはありませんか。習慣の中には正や負があります。そして、負に習慣化されたものを修正していくのが、認知行動療法です。認知行動療法について紹介します。 人間の行動はどのように決まっていくのか? 習慣化の例でギ...
心理学

来談者中心療法とはどのような心理療法なのか

来談者中心療法は、カウンセリングで取り入れるカウンセラー(心理臨床家)も多い心理療法です。来談者中心療法について紹介します。 来談者中心療法について 来談者中心療法は、1940年代カール・ロジャーズ(Rogers,C.R.)が...
心理学

「こころ」と「動き」を重視した「分析心理学」とは

心理療法はさまざまな方法があります。分析心理学の心理療法について紹介します。 分析心理学においての「こころ」とは何か 心理分析学では、自分の意思や意識の力が一番重要ではなく、わたしを「動かす」力としてのこころをより重要なものと...